Font Size Switch
Reset

BLOG ブログ

発酵生活でわたしが変化したこと

発酵器を購入してから、手作りの発酵食品が毎日食卓に並び、暮らしが豊かになりました。

 

それまでは麹で作る甘酒も温度管理がうまくいかず失敗することも多かったですし、豆乳ヨーグルトも発酵ではなく腐敗させてしまうことも。

それが発酵器を使うことで間違いなく美味しく出来るし失敗がなくなり、菌活が楽しくなっていつのまにか習慣化していました。

「菌活を習慣化すること」はわたしの今年の目標のひとつでしたので、めでたく達成しました!

発酵器で麹からつくる甘酒やヨーグルト、クリームチーズ、お味噌を作っています。一定の温度を保つことができることから、低温調理でハムやローストビーフ、焼豚を作ったりもしています。

発酵器大活躍です。

使わない日はないくらい毎日何かが発酵器で作り出されていて、正直ここまで活用できるとは思ってもみませんでした。

 

発酵食品を摂ることで腸内環境は以前より整った感じは確かにあります。

そして、毎日手作りの麹甘酒を飲むようになって感じたわたしの内面の変化があります。

それは…

家事に対する不満が小さくなって、イライラしなくなったこと。

いちおう不満ゼロになったとは書かないでおきます(笑)

以前は家事をこなすことに対して、無償の家政婦のようだと感じてしまうことがたまにあり、辛さが出てくることがありました。

イライラや不満が自分の内側の整っていない部分を際立たせるので、苦しくなります。

そうなると連鎖的にネガティブなものにスポットを当ててしまい、自己否定から自己信頼が希薄になったり、他者への怒りや許せない感情が増大していきます。

ますますネガティブなスパイラルに陥ってしまい、自分が辛くなるだけなのに。

そんなこころのネガティブな方向への動きが減りました。あったとしてもすぐに存在がなくなってしまう。以前は引きずることもあったのですが。

自分の中で湧いてくるネガティブに引っ張られなくなったなと感じています。

それって、とても大きな変化だと思うのです。

こころが良き方へ変化したきっかけとして、これまでにも精油を使って乗り越えてきたことも多々ありましたが、

この度のこと(私個人の家事に対する不満)は明らかに発酵生活が習慣化してからなのでは…と見ています。

三度の食事作りもお菓子作りも、億劫なお掃除も、率先してできていること、それを楽しくできていることは精神的に快適です。

だから、料理に向き合う姿勢も変わりました。

料理家の土井善晴先生が「料理は愛そのものなのです」とおっしゃっていたことが、ようやく腑に落ちたのでした。

とても自然に。スーーっと。

麹甘酒とヨーグルト、小松菜とバナナのスムージーを朝食に。

 

発酵生活のおかげで、自分がクリアになっている気がしています。嬉しい変化。

Tag: