Font Size Switch
Reset

BLOG ブログ

太陽の光と心と身体

今年の梅雨は長かったですね。

7月中旬以降は八ヶ岳で過ごしたのですが、山梨県の梅雨明けは昨年より30日も遅く、ようやく7月29日に気象庁から「梅雨明けとみられる」という、ちょっと頼りない感じの梅雨明け宣言が出されました。

7月の日照時間は例年の20%未満だそう。

日照不足が続くと野菜や果物の生育にも大きく影響しますので、山梨県の特産品の桃やぶどう、野菜たちも生育不足で、7月には美味しい桃とぶどうを食べれるのを心待ちにしているのに、今年はなかなか店頭に並びませんでした。

果物の糖度に日光も大きく影響しているそうで、今年の長梅雨は農家さん泣かせとなりました。

広島の野菜や果物の生育はどうなのでしょう?

↓畑の枝豆の葉っぱにカエルが。長雨でなかなか枝豆に豆がつきません(涙)

雨か曇天の毎日に私の気持ちも落ち込みそうになりました。

人間の身体にも心にも太陽の光は大きく影響しているのですね。

例えば、骨を作るカルシウムを生成するには太陽の光を浴びることも欠かせないと言われています。

そして、心にも日照は影響しています。

家に引きこもって外に出ないと、気分がうつうつとしてくるものです。

晴れやかな気持ちになるには、キラキラと眩しい太陽の光を全身で受けるのが一番だなぁと思います。

晴れ渡った外に出ると、太陽が恋しくて待ちわびていた私の身体も心も喜び、目覚め、もうなんでもできちゃうんじゃない?と思うくらい身体が気持ちよく動きました。

こんなに身体が動いて気分も良いのは、間違いなく太陽の光のおかげです!

いよいよ梅雨明けした今日は、先日キャンプで使用したシートやテントを洗って天日干しにしたり、張り切りました!

他にも洗濯、掃除、草刈などなど。

畑やお庭の草はあっという間に伸びてしまいますので、マメに草刈をしないと草刈機で刈れない太さになってしまいます。

バラも剪定しておかないと、来年綺麗なお花を咲かすことができません。

畑の野菜たちも放ったらかしにすると、あっという間に規格外サイズになっちゃう。

↓ズッキーニが育ちすぎて瓜のようになっていました。

田舎暮らしは家や外でやることが多くて結構忙しかったりします。

スローライフとはほど遠い現実(笑)だから元気で動ける体でいなくちゃいけませんね。

 

地球上で生きている人間も動物も植物もみんな、日々の暮らしに、成長に、太陽の光は欠かせません。

↓今年は長梅雨だったのにアナベルがたくさん咲いてくれました。

こんなにも太陽の光を有難いと思ったことはないくらい、今日はお日様への感謝が大きな一日となりました。

一足早く梅雨明けした広島はとても暑いと聞いております。

心して広島に帰ります!

ご予約受け付けておりますので、夏の倦怠感や疲労感から解放されにナチュリルにどうぞいらしてくださいね。

みなさん、夏バテ、熱中症にはどうぞお気を付けください。

私は手作りの梅漬けと甘酒、そして、レモン精油を入れたお水で今年の夏を乗り切りたいと思います。

Tag: