Font Size Switch
Reset

BLOG ブログ

冬景色

八ヶ岳も本格的な冬になりました。

今年も雪が少ないですが気温は低いです。先日はマイナス11度まで下がりましたよ。

冬らしい八ヶ岳山麓の景色をご紹介します。

八ヶ岳は8つの山を総じて八ヶ岳といいます。

南北に列なる山なので、眺める方角によって見え方が全く違います。

 

まずは南から見た八ヶ岳。小淵沢から。

夕陽を浴びて一瞬だけ真っ赤に染まる時間があります。

これは毎日見ることができるわけではなくて、夕陽の色の濃く空気が乾いている日で、山に雲が掛かっていない時に見ることができます。

八ヶ岳の東側にある野辺山にソフトクリームを食べにドライブに出掛けたとき。

南北に連なる八ヶ岳の大きさが雄大です。青い山に雪が積もっていて青と白のコントラストが美しい。

野辺山はキャベツやレタスの生産でさかんな地域です。

標高が1500mもあるのでJRの最高標高地点の野辺山駅があったり、天体観測に適しているので国立天文台もあります。

寒さも特別で小淵沢よりさらに10度くらい低いです。真冬はマイナス20度になることも。

 

そして、八ヶ岳の西側から。原村からの八ヶ岳の眺めです。

この時も夕陽を浴びて真っ赤に染まっていました。

肉眼で見るともっと赤く美しいです。

空気がピリリと冷たくて、耳がちぎれそうなくらい寒いけれど、この美しい景色は冬にしか見られない特別なもの。

 

初詣に行った身曾岐神社にお参りしたのですが、能楽堂の池が全面凍っていました。

なんと!鯉が動いてない!鯉も凍ってるの?と不安に。

氷のしたの水温は4度で鯉は冬眠しているそうです。

動かないのでまるで絵画を見ているようでしたよ。

 

まだこれから本格的な冬になります。

雪が積もった山と麓の田舎の風景も素晴らしいので、雪景色を楽しみに。

そして、今年も雪中キャンプに行きたい!と、雪を楽しみに待ちわびているのでした。

 

 

 

Tag: