Font Size Switch
Reset

BLOG ブログ

XmasリースLessonレポート

毎年恒例になっているXmasリースLesson。

今年のXmasリースはこちら。

松ぼっくりやローズヒップ、ユーカリ、リウカデンドロンなどの実ものたちが、森の中で楽しくおしゃべりしているみたい。

 

今年も大手町のお花屋さん『CYP』のyumikoさんにご指導いただきました。

リース台にサツマスギ、ニオイヒバ、ブルーアイスを束ねてワイヤーでくくりつけていきます。

ボリュームやバランスを見ながらの作業ですので、いつもなら黙々とリース台を作るのですが、今年は皆さん余裕があって、手を動かしながらも楽しくおしゃべり。

サクサクと作業が進み、予定よりも早く出来上がりました。

初めてリースを作る方もとても上手に作っていらっしゃいましたよ。

リース台ができたら実ものをレイアウトしてグルーで付けていきます。

このようなフレッシュリースを作ると、既製品のリースでは物足りなくなってしまいます。

作ったあと、長く針葉樹の香りを楽しめるのもフレッシュリースの特徴です。

ゆっくりと時間をかけてドライになっていく様子も、時の流れを感じられて良いものです。

それに、自分が作ったものなので愛着がわきますし、生きている植物に触れることで癒されます。

昨年も参加された方は、皆さん今もリースを飾っていらっしゃるそうで、大切にされていることにもとても嬉しく思いました。

私も昨年のリースを玄関に飾っていますよ。

皆さんの作品の写真を撮れなかったのですが、どのリースも大変センスが良くて、同じ材料を使っているのに全て違うデザインになる不思議。

皆さんの作品を見るのも楽しみのひとつです。

ご参加くださりどうもありがとうございました。

また来年も一緒に作れたらいいですね。

 

 

Tag: