Font Size Switch
Reset

BLOG ブログ

料理って愛そのものもなのですね

先日のキャンプで読んだ本は、小川糸さんの『食堂かたつむり』

食事を作るという日常当たり前にやっていることを考えさせられるお話でした。

お陰で食事を作ることに対して『心構え』みたいなものが芽生えたように思います。

誰かのために(自分のために)調理をするということは、なんて愛おしい行為なんだろう!

料理って愛そのものなんだな〜

と、感動した場面がたくさんありました。

糸さんの表現は優しさやあたたかさみたいなものにフワッと覆われていて、読んでいたらとても幸せな気持ちになります。

楽しくてあっという間に読める本でしたので、ご飯を作る人は読んでみてはいかがでしょう。

影響を受けやすい私は、食材のひとつひとつに感謝し、心を込めて丁寧に作るように。

いつもより格段に美味しいキャンプごはんになった気がします。

↑鳥のつみれ汁の滋味深い味が体全体にじわっと沁み渡る美味しさでした。

 

だって、いつも黙々と食べる主人が珍しく「おいしい!」を何度も言いながら食べてくれたのが何よりの証拠。

お料理にも心が映るのですね。  

Tag: